とっても竜な気分♪(自転車逆襲編)

二十歳に作ったチタンロードで四十歳にしてブルべ参戦を目指してみる。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ひとのうわさも・・・

一度突いてしまったものは、なかなか静まりません…(困)
読んでいただいていることは間違いないのですが
読ませようと意識して書いているわけでもなく
正直、普段の仕事が大変気を使う仕事をしているので
自分の趣味にそこまで神経を使いたいとは思わず
趣味なので、良くも悪くも好きにさせて下さいませ。
というのが本音です。
あとで読み返して、自分でも「あちゃ~」と思うものもありますが
その時の「気分~♪」で書いてますのであしからずご容赦くださいませ。

 

「ブルベ」に関係した記事が非表示になっていますが、一時的なものです。
削除してしまったわけではなくて「下書き」にもどすことで
表からのリンクを外した形になっています。

一度出した手を引っ込めるな!とお叱りを受けそうですが
ブルベ参加をやめてしまうわけではありませんので
そこは一つ生暖かい目で見守っていただければ幸いです。

少し心配されてしまいましたので
お詫びの気持ちも込めて伝われば幸いです♪

ストレスに耐え切れず
ヤフオクで変なものを衝動落札してしまいましたよ!
ブログのネタにはなるので無駄ではないですが…

その話はまた。

 

古いものを大事に…

強制入院の代わりにおとなしく自宅療養する週末を送りました。
6月に重症の帯状疱疹で約一か月療養生活を余儀なくされましたが
先週、また再発してしまい…
渋々行った病院でなじみの先生から
「安静って言っても言うこと聞かないから入院させたいところだけど
  週末本当におとなしくしてるなら家に帰ってもいいよ。」と言われ…w
いい加減40も過ぎると体もあちこち故障が目立ってきます。
大事に使わないと…一生ものです(笑)

自転車も20年以上前に作ったものを乗っているせいか
古いものを大事にしていると思われることが大半です。
ま、おおむね間違いないのですが…
古いものを大事にする人間だから、古いものが手元にあるわけではなくて
自分の使うものにものすごくこだわりを持ってしまう性格ゆえに
気づくと気に入っているものが古くなってしまっているのです。
自転車もそんな理由です。
新しい自転車もすごいな~と思いますが
今持っているもの以上に「欲しい!!」とまでは思えないだけなのです。
自分の身の回りのものは、そんなものばかりです。
今これを書いているPCですらIBM時代のThinkpadですし。
自分が気に入っているものを少しでも長く使いたい
その為に必要な知識や技術をどんどん身に付けていって
すっかり器用貧乏なわけです(笑)




不死鳥計画 その13.5

 前回の投稿でふれていた通り・・・

taudragonhappy.hatenablog.com
例の「ブツ」を受け取りに一路横浜へ・・・
まるでこの先を暗示するような場所に駐車・・・w

f:id:taudragonhappy:20171123190309j:plain

少し離れたところに歩いて向かった・・・

店に入ると、店の主人は電話をしていて忙しい様だ
私は主人の電話が終わるのを待って、それとなく店内を見て回る。
するとショーケースの奥にまるで私が来るのを待っていたかのように
「スギノ JISスクエアテーパー 68㎜ シャフトサイズ103㎜ 未使用品」
が半額以下の値札で私を見つめている。
どうやら仲間になりたがっているようだ・・・

店の主人の電話が終わった。
すかさず声をかける。

   私:頼んでおいたものを取りに来た・・・。

気づいた主人は店の奥へと入っていき
奥から例の「ブツ」を持って戻ってきた。

店の主人:こいつはなかなか出ないシロモノですぜ・・・

   私:あぁたしかに。消耗品はそれなりってところか・・・

店の主人:へぃ、多少傷んでますがまだ使えるんで
     パーツそろえるのが面倒なご時世ですから
     すぐに使えるこいつは買って損はしませんぜ・・・
     へっへっへ。

   私:ん。あっちにあるスギノのBBと一緒にもらっていくよ。

店の主人:ありがとうございます。あのBBに目を付けたってことは・・・

     だんな「74デュラ使い」なんですかぃ?
     650Cに74デュラ・・・相当な数寄者ですねぇ(笑)
     おっといけねぇ・・・余計な事言っちまったかな・・・

   私:また寄らせてもらうよ。
店の主人:まいどあり~


小芝居はさておき・・・
タイミングというか、まだまだパーツフィーバーは続いているようです。
タイヤとチューブ探してたら、ホイールごと出てきちゃいました!
もう悩まずすぐ大人買いです!

 

f:id:taudragonhappy:20171124160739j:plain

Pro-Lite Garda DS 650C

じつはこれ、某自治区で販売されています。
以前にホイールのことをぼやいたときにも登場していますね。
しばらく欠品していたので、次に入荷したら買おうかな・・・と。

で、そのあとの流れはご存知の通り!
その記事を見た方からスピナジーのステルスPBO650Cを譲って頂き
その流れで次々にパーツが集まって、あとは完成を待つばかり!!
な感じになったのです。
もちろんスピナジーは使います!
下ごしらえの真っ最中です。これはまた後日書きますが・・・
スピナジーみたいな個性的なホイールの場合
何かトラブルがあった場合にも修理に時間が必要なことがありますし
乗り味の個性的なので、ホイール以外の要素で乗り味を確かめたかったり
なんて時に普通のホイールが必要になってくるわけです。
もちろん整備するときのホイールとしてもあると便利です。
昔でいうところの「決戦ホイール」との使い分けみたいなものですね。

ノーマルなホイールはR011でも1セット持っていて
シマノのWH-RS31を使っています。

f:id:taudragonhappy:20171124154949j:plain

R012sにもいずれ用意しなければいけないとは思っていて
なんかわざわざ個人輸入するより、あさひでアラヤの奴を買えばいいかな~位に
自分の中では考えていたのですが・・・この結果です。
完全に順番がですね(笑) 赤ちゃんできたので結婚みたいなw

ノーマルホイール手に入れて、そのうち本番用のスピナジーを・・・なはずが
スピナジーが先で、あとからこれですもの。

ちなみに「ノーマル」と言ってますが
Pro-Liteのガルーダ、セミディープなアルミリムにエアロスポークで
カートリッジベアリングなホイールです。
ちょうどWH-RS31も同じような構成なので申し分ありません。

私が基本にしている「できるだけ中古のものを使う」点もクリアできますし。
付いてるタイヤ、だいぶ使い込んでますが近所を走るくらいなら十分使えます。
組んだらすぐに試し乗りできる~~♪

650Cのタイヤとかチューブもほとんど選択肢がないので
悩んでいたところ、これで比べる基準ができます。


同じお店で一緒に連れて帰ってきたのはこやつ

f:id:taudragonhappy:20171124161211j:plain

普通っちゃ普通のBBなんですが
103㎜ってものすごく特殊なサイズというか
これのせいで74デュラはその呪いを深めているというか・・・
元々74デュラの純正BBを持っているので組むのは問題ないのですが
次に交換しようと思ったらBBが入手できない!なんてことも
あるかもしれないので捕獲です。
こういうのが後々で効いてくるんです。

さ~ ぼちぼち形にしていかないと~~



不死鳥計画 その13【追記あり】

13・・・
なんだか分かりませんが、良くない数字の印象が強いです。
悪魔祓いが必要かもしれません・・・

まず初めに懺悔しましょう。
これまでも「嫁に内緒」のパーツがたくさんありましたが
明日また一つ増えます。ゴメンネッ!(てへぺろ
何が増えるかは後日。

そして「不死鳥計画」も大詰めに近づいてきました。

f:id:taudragonhappy:20171114160644j:plain
ステムもバッチリ決まったのですが・・・
画像をよくご覧いただきたい。

90年代を基本とするならば・・・これは許しがたい・・・
お分かりになるであろうか・・・

f:id:taudragonhappy:20171122170723j:plain
けしてBBBのシートポストが悪いわけではないのです。
恐ろしいサイズ展開で困った人を助ける善人ですらあります。
善人だからブラックは塗装ではなくアルマイト処理なのです!

だけど!!だけど!!!

私!!!どうしても黒じゃダメなんです!!!!!!!!!!!!
ごめんなさい!!!BBBさん!!!!!

f:id:taudragonhappy:20171122171051j:plain
バシャ~~~~ン!!!!!!!

f:id:taudragonhappy:20171122171145j:plain
うぅ・・・あ、アルマイトがぁ~~ ぐぬぬぬ・・・・

f:id:taudragonhappy:20171122171249j:plain
おのれ・・・卑劣な魔女めぇ~~~
毒沼へ引きずり込むとはぁ~~~~ぐわわああぁぁ~~~

f:id:taudragonhappy:20171122171542j:plain

む・・・無念・・・

が、しかし!!!!

f:id:taudragonhappy:20171122171731j:plain
戦士は光輝く姿をまとって復活したのだ!!!!

【解説】
アルマイト加工はアルミニウムの表面に酸化した薄い皮膜を作って
素材を保護しています。
家庭用の液状パイプクリーナーは強いアルカリ性の液体なので
そこに浸すことによって表面の酸化被膜を取り除くことができます。
取り扱いには注意が必要ですが、家庭用でもこの位の加工はできる
ということで・・・

もちろんこの後じゃぶじゃぶと水洗いして
軽く磨いています。
ついでにCRC556のようなもので軽く表面をふいてあげるといいです。
フレームに組んでみた様子はあとでね♪ むふふ~

あ、BBBさん本当にごめんなさい。<m(__)m>

追記:帰宅後早速仮組してみました。

f:id:taudragonhappy:20171122205857j:plain

f:id:taudragonhappy:20171114160644j:plain

お好みはどっちですか?



久々に乗ってきました~

バナーはいろいろ試してみてますが、
今の状態もあんまりいい感じではないかなぁ・・・
記事を読んだ最後にボタンがある感じがいいのですが
そうするには、いちいち自分でタグ入れる感じになるようなので
そこまでしてランキングを気にしたくはないなぁ・・・と。

で、本題に戻って
きょう午前中、駐車場がない場所に小一時間ほど用事があったので
レーパンまでははきませんでしたが、上にパールのウインドブレイクジャケット
同じくウインドブレイクグローブでサコッシュもってR011に乗ってきました。
ウエイトが今の状態に落ちてから初めて乗ったのですが
やはり全然違います。進む進む!(笑)
もうあと5㎏位落ちるとかなりいい感じになるかなと思います。がんばろー

ただし、乗れなかった最大の原因である左足かかとの回復具合ですが
まだシューズを履き脱ぎするときにかなり痛むのでテーピングはしないと
ちょっと辛いかもしれません。
ブログなどで詳しく書いていませんが
かかとのひび割れを甘く見ていてかなり適当にほっといたら
ある日重量物を持った時にバックリと口が開いてしまい・・・
さらに適当に絆創膏な感じで対処していたら
何度もそうしたことを繰り返してしまい
しまいにはその傷口をきっかけにかかとの皮がべろーーーっと
(以下自主規制)

もう見せられないほどの状態ではないですが
さすがに力のかかる場所にもかかわらずまだまだ薄い皮があるだけの感じで
固いかかとの靴だと痛くて、すぐ靴擦れみたいになってしまいます。
今は厚手の靴下とワセリンで保護しながら養生してる感じです。

痛い話はさておき・・・
なにせ久々だったのですが天気は最高のサイクリング日和
さほど遠くに行ったわけではありませんが、良いストレス解消になりました。
R011はシートポストをコントロールテックに変えたのと
キャリパーをBR-7403からBR-7800に換装したので、その塩梅も
気になるところでした。

PBOスポークのスピナジーだと、出足とブレーキングの初期が少しマイルドな
印象になるのですが・・・
明らかにBR-7403よりもカッチリした感じがあって嫌いじゃないです。
レバーとの相性で7800の引きの軽さはスポイルされてしまっているはずですが
そこを補うためにスイスストップのブレーキシューを入れているので
むしろブレーキタッチに剛性感が出たことでコントロールしやすくなった印象
握りこんだ時に7403よりきっちりつかんでしまうように感じるので
パニックブレーキの時にロックが速くなるかもしれません。
場合によってはリアだけノーマルのシューに戻してもいいかも。
その辺は、もう少し距離乗ってからと、下りでどんな塩梅かで
決めればいいかなという感じです。

短い時間でしたが、乗ってるのが楽しくて画像撮り忘れました(苦笑)


戻ってきてから
台風で倒れてしまった庭の木を伐採したもので
先日買ったユニフレームの焚火台の火入れ式をして
ついでにおやつも作ったりして、少しのんびりした日曜日を過ごしました。

f:id:taudragonhappy:20171119185023j:plain

f:id:taudragonhappy:20171119185049j:plain

 

困りました。【追記あり】

(嫁に内緒で)買ったハンドルをどこに隠したか・・・
分からなくなりました(笑)

ブログのデザインをいじっていたら・・・
ランキングのバナーが表示されなくなってしまい
いくら修正しても今もって表示されないままです。
設置方法みながら何度も確認しているのですが
影も形も現れません。

はてなブログ + にほんブログ村

の組み合わせで使っている方のお知恵を拝借したい!!

<追記>
まず・・・ハンドル見つかりました~~!!

f:id:taudragonhappy:20171118152430j:plain
チネリのLUX 400㎜ です。
ステムを物色していた時に見つけてお連れしたものです。
6000番台のアルミにアルマイトなんですが・・・
色が少し青みがかっていてフレームと良い感じになりそうだなと。
白とか黒とか銀なら、今でもこういうシンプルな形状は探せますが
シンプルな形状でこういうデザインの遊びがあるものが
なんだか少なくなった気がします。

バナーが表示されない件ですが
どうやらブラウザの広告系アドオンが原因の一部のようです。
判定が微妙な線にあるみたいで、一部表示されたり
全く表示されなかったりしています。
思えばブラウザのセキュリティアップデートしたあたりから
この現象が始まった気がするので
おそらくそういうことでしょう・・・
ランキング自体はあまり重要視してないのですが
そこから来ていただいている方もおられるようなので
あまり無視もできません。

基本は私の忘備録なのですが
「あはは~バカやってら~」と笑って読んでいただければ幸いなのです。

そもそもハンドルのことも一言書いておけばこんなことには・・・ww

ちなみにハンドルはデカもの工具(ホイールのセンターゲージとかフレーム修正関係他)の入ったツールボックスの中に紛れ込ませてありました。
木を隠すなら森の中、金属の変な恰好したブツは、同じような金属が集まっている中へ・・・あまりに素晴らしい隠ぺい率にしまった本人が騙されると
間抜けな話です(笑)

 

不死鳥計画 その12

前回チラ見せしたこれ。

f:id:taudragonhappy:20171026092943j:plain

いつかは欲しいと思っていた
「スコット ドロップインバー」です。

トライアスロンシーンでも活躍したようですが
ロード乗り的にはグレッグ・レモンがツールで使っていた印象が
ものすごく強いです。
レモンっていろんな機材を持ち込むのが好きな選手だったなぁ・・・

このハンドルもそうした中の一つ。
持つことのできる場所が下の内側にまで延びていることで
空気抵抗を減らすようなポジションをとることができる!と。
ま、ひざが当たって邪魔だとかフレーム傷になる!とか
バーテープ足んないよ!!とか弊害がないわけではないのですが
いわゆる一つのアイディア商品みたいなものです(笑)
この不死鳥計画では
ティグの650cフレームに74デュラエースをWレバーで組むことにしたので
90年代を代表するあこがれのハンドルをチョイスしたわけです。
これもたまたま良い出会いがあったからこそなんですが。
パーツフィーバー様様です。

ハンドルが決まれば次は「ステム」です。
今の主流はアヘッドでヘッド周りのメンテナンスも本当に容易になりました。
いわゆる「スレッド」「クイル」なステムは交換するために最低でも

○片側のバーテープをほどく
(再使用できればラッキー)


○外した側のブレーキワイヤーを外してブレーキレバーを外す
(私は前ブレーキ側で作業します。外すものが少なく小さくて済む)


○ハンドルをステムごとフォークから外す
(修業時代に師匠からきちんと抜き方を教わりました)


○ステムのクランプを緩め、場合によってはクランプレバーでクランプを開く
(工具がなくても代用品はありますが…やはり専用品にはかなわない)

○知恵の輪よろしくステムを上手に回転させながらハンドルから抜き取る
(傷つけないように細心の注意を払って入れたのに、逆に入れちゃうとかあるある)

この辺の作業の出来具合で、いじってる人のレベルが多少判断できたなぁ・・・
そういう面倒な部分は本当になくなりました。
世はすべて効率の名のもとに粛清されていくのですよ・・・苦笑
最後まで残るのはバーテープかな?w

ま、過ぎたことは忘れて
過去を引きずりつつ前に進みます(笑)

要は組み付け作業などが面倒で無駄も多かったので
ステムサイズの選択というのは吟味に吟味を重ねた上で
決定したものを組んだのが昔。
今はそれが容易になったので気軽にできるようになったということです。
当然めんどくさい方を選んでしまいましたので吟味に吟味を重ねます。

とは言うものの・・・
体のサイズを測り、計算式や経験とにらめっこする必要もなく
すでに吟味に吟味を重ねられた700cのフレーム、OZ-R011の寸法を参考にすれば
ほぼ良いところのサイズは決まってくるので
あとは乗ってから調整して、最悪あとで交換すればいいかな~と。
推定値ですが突き出し量は90㎜でいきたいので
高さを80㎜前後確保できる長さのステムで、ハンドルクランプがφ26㎜を
基準に集めてきました。

毎度のことですが
現在の自転車趣味においては「できるだけ中古を利用する」のを
マイルールとしているので、のんびりあちこち物色した結果がこれ。

f:id:taudragonhappy:20171114152114j:plain
右上には現在居候中のおネコ様が見切れていますが・・・

右から
コントロールテック ロードステム チームイシュー1A 90㎜ クランプ26φ
日東UI ステム 90㎜  クランプ26φ(おそらく黒ラベルのもの)
コントロールテック アヘッドステム 90㎜ OS クランプφ25.4
※TranzXのスレッドコンバーターが入っています。
日東 NTC-A 90㎜ クランプφ25.4

以上の4つが候補生として手元に集まりました。
以前の記事で書いていますが、すでに一番右のコントロールテックは
フォークコラムに全部入らないのが分かっているのですが
5㎜程度なので「自己責任」で候補入りです。

突き出し量はすべて90㎜ということで
(厳密にいうとちょっと違うのだけど、調整代があるので今回は無視)
組んだ場合の高さが確保できるかどうかで判断していきます。
分かりやすいように画像を加工してみました。

f:id:taudragonhappy:20171114153425j:plain

水色の線がステムの調整幅の上限です。
一番上げた状態でハンドルクランプの中心がどのくらいの高さになるかの比較です。

レースなどで下ハン握ってゴリゴリ走るなら一番右(黄色)でもOKなのですが
実際R011でゴリゴリ走っていたころの高さと同じなのは日東UIステム(緑色)です。
なのでそういう走りを求める方向であれば、下げる方に調整代のある日東UIがよさそうです。
今はそこからロングライド向けの上げ気味な調整が必要になるので
コントロールテックのアヘッドステムはチョイスできそうです。
ただしR012sはスレッドステムなので使えません。
じゃ何で買ったんだよ!って、ドロップインR011に組んでもかっこいいいいでしょ?
シートポストとおそろいでかっこいいでしょ?
中古のパーツは出会いと決断が大事なんです!!大事なんです!!
買わずに後悔するなら買って後悔です!!w

ま、アヘッドで組もうとしたときにすぐ組めるでしょ?ってことで。

話は戻って
そのアヘッドステムよりさらに高い位置になっているのが日東NTC-A。
じつはこのNTC-A、計算上で出た数字とぴったりなのです。
突き出し90㎜で高さが80㎜前後。

じゃ、もうそれで決まりじゃん!というわけでもなく・・・
問題は後半二つのクランプ径が25.4㎜。ハンドルは26.0㎜なのです。
幸いそれぞれのステムはクランプ部分に素材としての余裕があるので
穴を26.0㎜に合わせて加工することで使うことができます。
あ!「自己責任」ですよあくまで。
メーカーで作ってるのと同じ加工したんだから絶対大丈夫!ということではなくて
たとえ同じであっても、その加工をしたのはだ~れ?ってことであって
責任の所在はきちんとしないといけません。

こういった加工は、私の場合仕事でやっていることなのでしれーっとやりますが
責任も含めてきちんと受け入れてくれるところでやって頂くのが良いと思います。
ま、普通に自転車趣味をやっている分には必要のないことなはずですが・・・(笑)

まそんなこんなで、使うステムは加工した日東NTC-Aでいくことにします。

f:id:taudragonhappy:20171114160644j:plain

ピンボケですみません・・・汗
無いとバランス悪かったので、BBBのシートポストに少し古ぼけてますがフライトチタニウムを組んで撮ってみました。復刻版じゃないですよ当時ものです。

う~ん、やはりこういうシルエットはいいなぁ・・・



蛇足でいうと本当は3Tのステムが欲しかったのです・・・
レモンがこのハンドル使ったときに3Tのステムだったからなんですが
思いのほか高価だったので今回はその辺のこだわりはなし。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ