とっても竜な気分♪(自転車逆襲編)

二十歳に作ったチタンロードで四十歳にしてブルべ参戦を目指してみる。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

エリートのボトルケージ 2018

去年の初めにこんな記事を書きました。

 

taudragonhappy.hatenablog.com

 内容的にはもう特筆するようなことはないのです。
Titaniaに良く似合うTitanium Flake ですが…
ブルベに使うには少々問題ありということでお蔵入りさせました。
デザイン的バランスでは素晴らしいのですが
少々重いツールボトルを保持するには保持力が頼りなく
ATBであれば保持力は足りるのですが
残念ながらTitanium Flake ATB は一つしか持っていないのです。

で、いつだったか忘れましたが…
付属のボルトが欠品というだけで投げ売りされていたミノウラの
デュラケージ(チタンカラー)をブルベ用に仕入れて付けているのが現状。


前回の記事からちょうど一年後

f:id:taudragonhappy:20180117001453j:plain ELITE Titanium Flake ATB
もうひとつゲットだぜ~♪ これでATB2個になった~~♪♪
もう個人的な好みの問題だなぁ…
曲げのシルエットが好きとか嫌いとか関係なければ
今ブルベ用に付けたミノウラのデュラケージがあるから問題なし。
だけどATBが2個あるなら重量的なデメリット無視しても
チタンケージを付けちゃおうかなぁ。

今頃気づいた。

はてなブログからメールが来ていました。

 

f:id:taudragonhappy:20180112170012j:plain

コーヒー吹いた(笑)マジか?!
4年も何やってんの俺!

何も考えてなかったので…
取り急ぎ大好きな画像で締めます。

f:id:taudragonhappy:20180112170230j:plain (笑)

 

あとでネタ考えます<m(__)m>

Road to RADAC Act.3

じつはこういう地味な作業が好きです。

 

去年の暮れに曲がりをチェックしたレイダックのフロントフォーク
リペイントのために古い塗膜を剥離しました。

ホムセンでも入手可能なペイント剥離剤は少々頼りないのですが
ざっくりと大まかに旧塗膜を取り除いたあと
ワイヤーブラシなどを駆使してただひたすら金属の地を出します。
こういう時クロモリのラグ付きは楽しいんですよね~
楽しすぎて途中の画像撮るの忘れてましたが…

すっかりフルヌードになりました。

f:id:taudragonhappy:20180111121203j:plain

f:id:taudragonhappy:20180111121232j:plain
ロウ付けのところってワイヤーかけてると光ってきて
ついつい隅っこまでごしごししちゃいます。
その気になれば外して作り直したりもできるから
ラグを使ったロウ付けの昔ながらのフレームってすごいですよね。
同じ金属フレームでもティグ付けのフレームだとそうはいきませんので。

 

f:id:taudragonhappy:20180111121241j:plain
ブリヂストンの部品なので刻印が入っています。

f:id:taudragonhappy:20180111121450j:plain

フォークエンドには泥除け用のダボが。
元々持っていたレイダックでは晩年リペイント時に削り取ってしまいましたが
今回はそのまま使えるように残します。
フェンダーも付けられるしキャリアも付きます。
オプションで純正キャリアとフェンダーがあったんですよねぇ…

f:id:taudragonhappy:20180111122635j:plain
今考えると本当に応用の幅があるロードレーサーでした。
これが5万円台で買えたんだよなぁ(遠い目)

無事むき終ったのでエンドの修正を軽くやってから
ペイントの準備をしようと思います。

新年初失敗

手抜きしたいがためにやろうとしていることを
さらに手抜きの方法でやろうとしていて
ほぼ結果が見えているのに「あわよくば」と思ってしまう
そんなおバカちゃん2018。

「シートポストの共通化」と銘打っての手抜き工事ですが
下ごしらえに48時間以上使い、2度の失敗をし
満を持して3度目の正直で作業をしていました。

わずか2㎜足らずの寸法を3時間半かけて手作業で切削…
目標値まであとわずか0.2㎜まで到達した3時間40分目に

「パキン!」
という小さな音とともにすべてが水泡に帰しました(笑)

 

そもそもシートポストを共通化して手を抜くことにどんだけ労力使うのよ?
その労力を突っ込むのに、なぜそこで既製品の流用とか手を抜くのよ?
見る人が見れば「それ割れんじゃね?」って分かる話じゃん?
それでもやっちゃうのが「男の子」ってことで(笑)

いや~久々に萌えた~ 楽しかった~
仕事だったら青ざめてることろだけど遊びだからね~(笑)
ずっと休まずリーマーかけ続けたから腕パンパンですよ。

f:id:taudragonhappy:20180107223312j:plain

f:id:taudragonhappy:20180107223401j:plain

破断後に無事摘出したシートポストシムの成れの果て

f:id:taudragonhappy:20180107223530j:plain

 

参考にはならないけど一応書いておくと…
シムを固定するために最初に使ったロックタイト648は
回転方向の衝撃にはやっぱり弱くて
最初に切削かけた時に刃がエッジにちょっと引っかかった時の
キン!って衝撃で剥離してしまいあえなく失敗。

シムにはダメージ無かったので、再度シートチューブ内を養生しなおして
エポキシ系の接着剤を使ってやり直した。
デブコンとか金属に使えて肉盛りとか穴あけとかできるタイプのもので
金属の粒子が細かいJBウェルドを使った。
最近はいろんな種類の金属系エポキシがあるけど
JBウェルドは結構あちこちに置いているしアマゾンでも買えるし
大ぶりのパッケージで使い切らないうちに劣化されるより
小ぶりで手頃な値段で容易に入手できて実績もあるところでのチョイス。

さすが思った以上にいい仕事っぷりのJBウェルド。
思惑通りに事が進めばよかったが…
最後は3時間半も削り続けて疲れてきたところの
気のゆるみがとどめを刺してしまった。

あの時刃の送りをもう少し控えめにしておけば行けたかもなぁ。

ちなみに、もしきちんと成功させようとしたら
まずシムは割りを入れる前の円筒の状態で
既定の寸法まで旋盤で作ってフレームに入れてから
割りを入れれば問題ないはず。
肉薄のシム作るのは旋盤ならいくらでもやりようがあるので
成功させたいなら初めからそうすればよかっただけ。

仕事じゃないし
リーマーでどこまでできるかやってみたかったっていうのもあるし
結果フレームは無事なのでOKでしょ(笑)

残念なのは、この作業のせいですっかり疲れて
自転車日和だった今日、寝過ごしてしまって乗れなかったことかな。

シートポストの共通化

新年早々乗りそびれてしまったせいではないけど
前から何となく頭の片隅で考えていた加工を試してみることに。

OZ-R011のシートポスト径は27.0㎜。
OZ-R012sのシートポスト径は26.8㎜。

クロモリフレームでパイプの肉厚に余裕があるものは
27.2㎜に加工して、今主流のシートポストを使うことができるのだけれども
残念ながら我が家のフレームたちはパイプの肉厚が足りずその加工ができない。

26.8㎜はまだしも、27.0㎜はコアなサイズで探しにくいったらありゃしない。
ついでに言うと昔ながらの短いシートポストは比較的あるけれど
300㎜以上になるとまずない。
今だとBBBとかタイオガ、トムソンあたりかカロイといったあたりで
間違いないのはトムソン、もちろん使っているのだけど
「黒」しかないんです。昔はシルバーもあったんだけど今は絶版。
この間のBBBのポストみたいにアルカリ溶液漬けにして白くしてしまえば
そんなことで悩む必要はないのだけど、雨天使用もある場合は
アルミむき出しってのは少々気に入らない。
今は安価でバリエーションも選べるアルマイト加工のサービスがあるので
かっこよくチタンカラーなんてこともできるのだけど…
何をどうしようと面倒なサイズであることには変わりない。

R012sが来たことで、長めのシートポストをサイズを共通化できないか?
と考えるようになってやってみたい方法はあったのだけど
ついでにやるような仕事がなくて、なかなか手を付けないまま…

仕事柄、無いものは作ることもするのだけど
まさか「ある」とも思わずにいると探そうという気も起きない。
けったいなサイズの品物ならなおさら。
探せばあるものも、探さなきゃ見つかりっこない(苦笑)

お正月にパーツ物色していてこんなものを見つけました。

f:id:taudragonhappy:20180104224529j:plain
トカゲ印でおなじみ「ケーンクリーク」
シートポストシムってやつです。
これは27.2㎜を25.4㎜に変換するシムなのですが
昨今のシムの大半は他のサイズを27.2㎜にするのが大半で
太さのサイズがあっても長さが短めだったりで頼りなく
いずれ大型のサドルバックを付けることを視野に入れると
出来るだけ長いものでないと問題が出そうな気がして
そのうち旋盤回すか~とか思いながらやってない。
そこにこいつを見つけたわけです。

27.2㎜用ですが、実際には裏側に割りのスリットが入っているので

f:id:taudragonhappy:20180104225548j:plain

何の問題もなく入ります。
内径が25.4㎜用になっているわけですがその分肉厚があるので
シムをシートチューブにしっかり固定して内径を26.8㎜に合わせて
リーマー加工すればいいわけです。

じつはこの加工、すで新しいOZ-Rのシリーズでは定番化されています。

f:id:taudragonhappy:20180104230107j:plain
そもそもチタンチューブにチタン以外の金属素材を何もせず入れると
時間が経つにつれて焼き付いて固着してしまいます。
それを防ぐためにカッパーグリスなどを必ず塗る必要があるのですが
面倒というかややこしいというか気を使わされます。
新しいフレームでは大径サイズのチューブにアルミのスリーブを入れて
最終的に27.2㎜のポストが使えるように加工されているようです。
まさにこれにしてみたかったわけです。

ま、肉薄のシムを作るのは意外に面倒なので
出来合いのもので出来そうだからやってみるか~!てな具合です(笑)

さて思い立ったが吉日。早速加工開始です!

f:id:taudragonhappy:20180104230938j:plain
まずはシートチューブのお掃除と下ごしらえから

f:id:taudragonhappy:20180104231047j:plain

グリスなどをふき取った後、軽くリーマーでお掃除します。

シムの固定にはロックタイト648を使います。
だいぶ使い古しているパッケージで見づらいですが…
仕事で使ってるやつです(笑)この加工に最適な接着剤なので
ちょっと拝借します。

f:id:taudragonhappy:20180104231636j:plain
金属のシャフトにベアリングなどを固定するときに使うのですが
空気が遮断されると硬化を始めるという接着剤なので
シムに塗ってシートチューブに入れてしまえば
早くて1時間ほどで硬化、低い温度でも24時間あれば完全に硬化して
部品を固定することができます。

f:id:taudragonhappy:20180104232048j:plain
割りの部分もしっかり合わせて入れ込みました。

f:id:taudragonhappy:20180104232200j:plain

さ、これで硬化したら…
次は「シートチューブリーマー」で内径の加工に移ります。

Road to RADAC Act.2

話が年をまたいで前後しますが…

去年の暮れに部品取りで入手したレイダックのフレームに
少し手を出しました。

嫁から無事回収したレイダックのRD-490
来たままで一旦フレームの傷み具合をチェックしてみます。
f:id:taudragonhappy:20171213230603j:plain

こういう時に登場するのは「フォークエンド修正工具~」

f:id:taudragonhappy:20171226184043j:plain

えらい古いやつですが構造がシンプルなので
スペーサーを追加することで今どきの135㎜エンドにもどうにか使えます。

f:id:taudragonhappy:20171226184423j:plain
一番大きいところが50㎜、次に10㎜があって、自作の5㎜スペーサーが入っています。
つまり100㎜、120㎜、130㎜には対応できる状態になっています。
こいつをエンド部に左右取り付けて、ゆがみを点検、修正することができます。

f:id:taudragonhappy:20180104124203j:plain

まずはフロントフォークから。
コラム部分は問題がないものを入手しましたので簡易的に目視チェックだけで
エンド部分もおおむね大丈夫そうです。

f:id:taudragonhappy:20180104124528j:plain

 厳密にいうと…すこーし下が開いている感じですが
くたびれた量産品なので、年式考えたら優秀な方かと。
リペイントする予定なので、その途中で軽く修正入れようと思います。

続いてリアエンド。

f:id:taudragonhappy:20180104124919j:plain
思った以上にしっかりしたフレームのようです。
エンドに工具組み付けるときに気づいたのですがこの年式のレイダックのエンド幅は
「126㎜」です。工具に対応するスペーサーが入っていないので「120㎜」の組み合わせ
で取り付けているので間に6㎜の隙間が空いています(苦笑)
そのうち作りましょう(笑)

f:id:taudragonhappy:20180104125450j:plain

正直、このフレームの方が状態はいいかもしれません。
一旦は最初に入手したレイダックのフレームで乗れるようにするところまでやって
このフレームをベースにきれいにレストアするのもいいかもしれません。

というわけでこのフレームが新工場のストックフレーム第1号に決定!

フレームハンガー作らなきゃ~♪

 

新年あけましておめでとうございます。

無事2018年です。

年末のに書いた記事を投稿しないまま、新年になってしまいました(苦笑)

 

昨年、後半に大失敗してなんだかブログが書きづらいなぁ~なんてこともありましたが

f:id:taudragonhappy:20180101221531p:plain

一時的な悪目立ちもすっかり落ち着いて…辺境のブログにもどりつつあります(笑)

それでも読んでいただいている皆様には感謝感謝の2017年
2018年も楽しんで頂けたり、お役に立てたら幸いでございます。

 

さて、新年早々やらかしてしまいました。

昨年の元旦はBRM101のスタート見物に行っていたのですが
今年はどこかに初日の出暴走に行こうと画策しておりました。
今年も開催されているBRM101へのエントリーも一時考えていましたが
元旦の予定がどうしても調整できず断念。
似たような方向で、海側へつら~っと走って記念撮影したら
へら~っと帰ってこようかと思っておりました。

なので計画もかなり適当で、装備だけまとめておいて
朝方適当に出発~などと思っていたわけです。

 

が!

 

思った以上に年末いっぱいまで仕事をし…
なんだかんだと気がかりなことが重なったままの大晦日。

元旦の午前いっぱい留守にするつもりで、先にやっておかなければいけないことを
がやがやと片づけていったのですが…21時くらいに電池切れ。
自宅の半径100m以内にお寺、神社が3つもあり除夜の鐘コラボな感じなので
軽く仮眠して、最悪除夜の鐘では起きるだろ!と横になったのですが…
意識が戻った時にはすっかり日は昇り、初日の出ライドはなかったことにorz

新年最初からいきなりつまづきました(苦笑)

ま、気に病んでも仕方ない。
そんな寝方ができるのもこんなときくらいです。
私が心の師匠にしているウィニー・ザ・プー氏いわく
「ぼくわ なんにもしない を しているんだよ」です。
最上に贅沢です。じつはとても大事なことだと思うのです。

元々、自分のペースで生きてきた人なので
所帯もって子持ちになってもそうだったのに、先代社長がなくなって会社継いでから
そういうの必死に殺して走ってきちゃったので
2018年からはそういうの全部やめにしようと。

そんな性格に自転車が向いてるのかもしれません。
自転車手放すようなことさえしなければ
降りて押してもいいし、ゆっくりふらふらこいでもいいし、
ガンガン回してこいでも、ぐぃぐぃ踏んでもいいし
その時の自分に、それなりに返答を返して付き合ってくれる
「自転車」って道具として素晴らしいなと思うのです。

だから「自転車」好きなんだなって。

 

2018年も自転車好きな年で行きたいなと思います。
まずは目先の目標でブルベを走ります。

でも、その前にどこかへ行ってこよう!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ