とっても竜な気分♪(自転車逆襲編)

二十歳に作ったチタンロードで四十歳にしてブルべ参戦を目指してみる。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

後方確認。

ブルべ参加を目標にしてからあらためて準備したものがいくつかあって

まず「ベル」。
これは本来「車両」として公道を走る場合には付けないとダメなので
90年代あたりだとロードはステムにアルミの丸いやつが定番だったかな?

f:id:taudragonhappy:20170301112511j:plainこんな感じ。こいつの「チーン!」がママチャリのベルちがって
なんか「ママチャリじゃなくてロードなんだぜ~」って感じがしてたなぁ…

実際、今付けているのは以前記事にも書いた「スパーサイクル」のベル。

taudragonhappy.hatenablog.com

ちなみにこのとき比較で買った「イーネ!ベル」の方は
娘のMTBにあげちゃいました。
今はノグのベルが気になっていますが… それはまたいずれ(笑)

で、もう一つ忘れちゃいけないのが「ミラー」。
これも過去に記事に書いてますが

 


今は腕に付けるリアビズと猫目のバーエンドミラーの二本立てになっています。

でもじつは私…
ミラーを使って後方確認していません!

はい、そうなんです。無理なんです。
ミラーなんて信用していないんです。
二輪を真面目に乗るライダーさんでもいると思います。
後方確認は目視!」が基本です。

実際見てないとしても…首を少しかしげる動作が
後方からくる車両に「コミュニケーション」になるのです。

例えば駐車車両があって車線はみ出して追い抜きかける場合ってありますよね?
ロードだとはみ出さないまでも、右側によって追い抜きますよね?
どんなにいいミラーがあって、後ろが良く見えて確認の上で行動するのでしょうけど
そういうのに限ってぎりぎりに「ハンドサイン」も出さずにいきなり来るんです。
まずそういう輩は一度死んでくれ。
よしんばハンドサインは出したとしよう…
後方の車両がそれを認知して、減速するとか合図するとかしたのを確認もせず出てくる
そういう輩も死んでくれ。一度でいい。

同じことを車やバイクでやれば「無謀で粗野な運転をする人物」に見えるでしょう?
自転車だって同じです。
公のルールがあってないような扱いで、しかも矛盾が多く運用もあいまいさが抜けず
どれが正しくて、どれが間違ってるとか言う前に
「自分が痛い思いや死ぬ思いするような真似はするな!」ってことだと思うのです。

むき身で薄着で保護するものなんてないんだから
どんなにこちらが正しい行動で「正義」だろうが「失う」のもこっちで確定なわけで。
中途半端な存在だからこそ、こちらから積極的に他者を思いやって
自分から自分の安全を確保するように心がけないと「危ない」って思われて
煙たがられる存在に成り下がってしまう。

「地位向上」するのは誰かにやってもらうのではなくて自分でやらないと…

ま、個人的な意見はさておき…
そんなお前はどうしてんだよ?って話なんですが
こんな感じのルーチンです。

  • (早めの前方の障害確認の上)速度を緩め、まず一度後方目視。
    後方の車両との位置関係などを確認する。
  • 障害の手前で一旦停止するか、追い抜きをするか判断する
  • 停止する場合は停止のハンドサインをし、あからさまに速度を緩め左により
    「止まります」というそぶりでアピールして止まる。
  • 追い抜く場合は再度後方目視してハンドサインを出す。後方車両の反応を確認
  • 後方車両がスピードを緩める、パッシングするなど「譲ってくれるサイン」を
    確認できたら手を挙げるなり会釈するなり「挨拶」して、ハンドサインをさらに
    大きくあげながら、ゆっくりと追い抜きの動作に入る。
    ハンドサインは追い抜き動作の中盤位までし続ける。
  • 追い抜き半分位まで行ったと感じたらハンドルをしっかりにぎって漕いで
    「できる限り急いでます!!」と後方にアピール!(あくまで気持ち)
  • 追い抜き切ったところで後方へのありがとうも含めて左折のハンドサイン出して
    左後方を目視確認してから、緩やかに左へ寄りつつペースを落とす
    (上体起こして、ペダリングもやめる)
    譲ってくれた後方車両が何台か通り過ぎるまでハンドサインは出しておく。
  • 停止車両が複数などで、追い抜きが連続する場合は大げさにハンドサインを
    出し続けて「追い抜きが継続中」を後方車両にアピール

文章で書くと、なんだかごちゃごちゃしてますが…こんな感じです。
機会があれば動画などの方が分かりやすいかもしれません。
続けて走りたいのはやまやまですが、バスなどの一時停止車両の場合、私は基本
追い抜きはかけないようにしています。
後方に十分すぎるほど余裕があって、バスを追い抜き切れると思える場合で
かつそのバスに「追いつかれることがない」場合には追い抜きます。

バスなどの運転手さんは、事故をするととても大きなペナルティーを負い
その方の生活にも大きな支障をきたす可能性もあります。
好き勝手走っている自転車が、無謀な振る舞いでバスに体当たりとか
迷惑以外の何物でもありません。そんな責任どうやってとります?
「自己責任」だけじゃ足りないと思うのです。
その位にオーバーに考えて走っている位でいいと私は思っています。

最近立て続けに公道で行われた自転車イベントで大きな事故、死者も出ています。
公道を走るうえでは、競技だろうがイベントだろうが関係なく
自己と共に他者への配慮もしながら走ることが大事だと思うのです。
「楽しめる環境」は守るのではなく「育てて」いかないといつかなくなります。
「育てる」ために考えて悩んで行動してほしいと思います。


で…
じゃ、取り付けてる大そうなミラーは結局「お飾り」なのかよ?!

ってわけではありません。
じつは「夜間走行」時には大変役に立つのです。
夜間の場合、目視での確認もハンドサインも効果は落ちます。
さらにその行動が自分の事故のリスクを増やしてしまうこともあります。
見えづらい状況で「見る」ために余計に時間を使ってしまったり
必要とはいえ不安定になる「片手運転」が長引いてしまったり
他者からも見えづらくなることで、どうしても夜間は危険が増してしまう。

この場合にミラーが「早めの判断をする材料」として活躍します。
ミラーを見る必要は全くありません。
ある程度後方を見られるように調整されたミラーは
後方車両のライトの光を目の周辺に反射します。
後方車両が無灯火でなければ、後方車両がいることが目に入るライトの反射で
こちらが認知することができるのです。
暗いからじーっとミラーを見たって、それがバイクなのか乗用車なのかなんて
すぐには分からないでしょう?
夜間は昼間以上に余裕をもって、早めの判断、遅めのペース。
昼間より、より大きなジャスチャーでしっかりアピールして
自分の安全と他者の安心を確保できる状態で走れることを心掛けて行動すると。

あいまいなルールの運用状態の中なのですから
あまりに車道が危ないと感じたら、歩道へ避難すればいい。
一旦避難してから、安全を確保して仕切りなおして走ればいい。

「趣味」「道楽」は「無事に帰宅」して大成功ですから。

今なら「バックビューカメラ」とか簡単に作れそうですし
ガーミンだったかな…後方ソナーみたいな商品があったかと…
でも、来るのが分かっても逃げるとか避けるとかいう方法がなければ
相手に当てられても、自分から当たりに行っても
痛いのは自分なので、そうならない環境を嗅ぎ当てる嗅覚を養っていかないと
いずれは痛い目もみると思っているのが良いと思います。

柔道の「受け身」は一通り覚えておくとケガを軽減できます。
高校の授業で習った程度ですが、それ以降転倒などで負傷することが激減しました。
ロードで下りで曲がり切れずフェンスへぶっ飛んだ時も
ロードで走行中に飛んできた異物でフロントロックして空中へ跳ね上げられ
前を歩いていた女子高生の集団を飛び越して前に落ちたときも
バイクで乗用車のボンネットに横から突入した時も
バイクでトラックに幅寄せされてレクサスを後方から撃墜した時も
通学中に大きな交差点の真ん中、マンホールのふたで滑ってビンディングが外れず
身動きできずに通行人にロードごと助けられた時も
大した傷もなく、頭を打つこともなく、あざすらない位、大きなケガはしていません。
ビンディングあるあるの立ちごけですら、打ち身もなければメットも自転車も傷つけず
上手に転んでますし(笑)

完全に脱線しましたが… ミラー!ミラーですよ!
ベル同様に、ロードに付けてもカッコよくて実用性もあるミラー!
ちょっとアイディアがあるので試作してみるかな…



 

 

なんでブルべなん?

そもそもこのブログのメインテーマである「ブルべ参戦」

いまだ果たせないまま今日に至っていることについて少しまじめに考えてみた。

参加したい気が失せたわけではない。
実際、元旦のスタート見物はとても楽しかったし、走ってみたいという気持ちは新たにできた。
住んでいる立地的にも恵まれている。
自転車で10分も走れば道一本で等々力アリーナ前だし、自転車で一度右折すればR246で20分とかからず二子玉の兵庫島へ着く。
入門者向けのメジャーな定番コースもあって、経験豊かな参加者の方も多く
実際に見て、その後のブログを拝見するだけでも十分勉強になる。
自転車もある。装備もそろってる…だのにーなーぜー?

昨年、1度は参戦すべく準備は整えたものの…
体調の問題から自転車そのものに乗ることが少なかったことが
一番の要因ではあるのだが…

ほぼ年間のスケジュールが決まっていて
参加しようと思う日程に合わせて段取りするわけだけど…
そうした中での「優先順位」にあって「趣味」はかなり低い位置づけに加え
会社の移転問題、長女の高校進学…等々もあって
自転車で出かける予定をしていてもそのほかの優先事項に代わることが多く
「空いた時間にふら~っとちょっと出かける」程度乗れれば万々歳というのが
現状だったりする。

そうなってくると、そもそものテーマであるところが実現できず
このブログ自体が「やるやる詐欺」的な話になってしまいかねない。
こうした現状の中で「どうやったら実現できるか!?」を前のめりに
考えていかないと… どげんかせんといかん!(苦笑)

今、考えているのは2つ。
まず一つは…「どれか一つ最優先事項にしてともかく参加してしまう」
もう一つは…「(自分の気が向いたときに)非公式に同じルートを走る」

なんだけども…
前者の場合は「そもそもそれができればもう参加できてないかぃ?」
と思わないでもない… 時期的には夏~秋にかけてが有力になる。
後者の場合は「それはブルべではなくロングライドしてきた!だよね?」
と思わないでもない… 走ったという事実以外なんら記録も残らない。
乗れればいいならそれでもいいのだけど…。


もう23年前か…
このフレームを作った時はロードにはまって3年目。
とくにどこかのチームに所属するとかもなく個人でロードレースにエントリーして
気ままに出てた。
群馬CSCとか昭和記念公園とか…
中野浩一さん記念のツールドジャパンとか(西湖走りたかっただけ)
いじって乗って、乗っていじってが楽しかった。
いろいろあって23歳あたりで一旦自転車趣味を引退するまでの3年弱
このチタンフレームであちこち行ったなぁ… 当時の連れとw
で、そのフレームとそろえた工具以外は全部処分しちゃった。(思い出と共にw)

ロードにはまるきっかけになった初めて買った「レイダック」
いじり倒して最後はアルテグラSTI仕様になってたな…ずいぶん無茶したw
自転車いじりの基本は全部あれで覚えたんだもんな…もったいないことした。

脱線したんで戻りますが
ふとまた「自転車乗りたい」と思った時に
レースしたくて作った思い入れのあるフレームでポタリングなんかじゃなくて
なにかしら競技をしたいな!と思って物色し始めた矢先に事件に出くわしたのです。

それは後に大きな話題になった高級自転車の盗難事件で
犯人はお笑い芸人をしている人物で被害者が自転車雑誌の編集長さんという
ものでした。

復帰するにあたって、まだ形が定まっていないものの…
代わりがきかない自分の自転車をどう守っていくか気にかかっていたので
とても興味深く事件の様子を見たものです。
そうする中で「ブルべ」という聞きなれない単語をしり
事件への興味と共にどんどん「ブルべ」というものに取りつかれてしまい
事件の進捗より「ブルべスゲー~」になるのはさほど時間がかかりませんでした。
ま、事件のおかげで私の再起の目標が見つかったので、そこは感謝感謝です。
その方のブログは愛読させていただいていますが、最近は模型の話ばかりで…もごもご
(あ、プラモも好きですよ。フィギュア作成講座とかやってたことが…照)

あらためて「なんでブルべ?」を考え直してみると
やはりきちんと参加する方向が正しい方向なんだろうなぁ…
あまり気負わずに、どこかで決めて出てしまえば
なんか始まるかな…。


「納車」

する」のは納める側
しました」というのは納めた側

 

待ち焦がれていたあなたは

納車しませんよ。

あ、そのまま私にくれる場合は問題ありません!
私に「納車」してください。大歓迎です!
そこの「納車したい」あなた!!あなたのことですよ!!

すいません、我慢できませんでした(苦笑)

公道での事故。

公道を使ったクリテリウムでの死亡事故が報じられていた。

自転車趣味に縁のない方々から見たら「なんと!」という話なんだろうけど
そういう趣味に関わっている人なら「あー」って感じなんだろう。

「鎖骨骨折の重傷!」は二輪趣味の人ならわかるド定番のケガなので
「わーい!君もチタンプレート付いてるフレンズなんだね!すごーい!」
ということで…(少々無理があるか…)

問題は亡くなった方がいるということなんだけど
これもまた頭部のケガによるところらしいので「定番」と言えば定番。
参考までにYoutubeなどで当該クリテリウムの車載映像などを見てみたけど
開催されている場所は結構メジャーな開催場所のようで
たしかに走ったら面白そうではあるけど裏返すと注意も必要な所だなと感じた。
外野が「たら・れば」言うのはどうかと思うので避けるけど
事故は午前中の早い時間のクラスで発生して、結果としてその後すべて中止
残った参加者さんは返金も受けられずタオルもらって解散ということに。
お気の毒としか言えないな…こればかりは。

本業ならともかく
趣味である以上は「自制」は必要だと思う。
「本業」の人と同じ道具が使えてしまう自転車競技にあっては
ますます求められる部分じゃないかなと思う。
仕事でも「本業」の人と同じ道具を使って「競技」に参加するのを
手助けする立場でもあるので、長くそういった趣味を安全に続けている人と
接する機会が多いが…そういう人たちに共通しているのは
「家に帰るまでがレース」を実践しているということ。

どんなにお金かけて練習して強くなってレースに勝ったとしても
それが本業でないなら、無事に帰宅できないというのは
「趣味人としては負け」なんだと感じます。

道楽の収支。

私の不毛な文章をお読みいただいてくださっている皆さまに感謝しつつ…
やはり反応があるというのは刺激になるもので
かと言って変に意識しすぎてマイペースで続けられないのは本末転倒なので
そこは自分なりに進めていこうとは思いますので
生暖かい目で見てやってくださいませ。

乗るのも書くのもまわりを気にせずいたってマイペースにやっておりますが
最近反応を頂く機会とともに、他の方が書かれているブログを拝見することも
多くなってきました。
先ほど拝見したブログでは自転車趣味に入ってからの収支が
事細かに書かれているのを拝見しました。
ま、とても大事なことだと思いますし、普通はそうするのでしょうけど…

私はそんなおそろしいことはできません!!(怯)

ま「今から書いてごらん♪」とか言われたら書けますけど…
「趣味」に関していうと支払ったことに対して「損得」を言いたくない
というか…
「失敗」もまた趣味の醍醐味なので、それは「損」にはならないと
思うのです。 とらえ方なんでしょうけど…

たまーに自分でも「やっちまったなー」とは思うことありますよ。

f:id:taudragonhappy:20141119092410j:plainこんな感じに(笑)

フレームが1本だけなので分かりづらいというか…
そこ「ステルス仕様」なので!(キリッ)



追伸:先日話題にしていた猫目のパドローネ+。
   限定カラーのブルーを予約注文しました。

ヘルメット大事。

実はヘルメットを変えようと思っている。

今使っているのは泣く子も黙る鉄板「OGK」。

f:id:taudragonhappy:20150712070615j:plain

(当時としては)比較的おとなしいデザインにバイザーなども選択でき
ラニウムロック(って言ったっけ?)という機構があるおかげで
あご紐締めこまなくてもヘルメットがしっかり安定するという
とてもいい商品だと思う。価格もリーズナブルだったし。

身の安全に関する装備には予算は惜しまない
必要な予算はかけるべきところだから。
ただ、自転車のヘルメットに関していえば
価格=安全性能の高さ では必ずしもないので
「自分が必要と思う安全性能が担保されている製品」で
そこに好みの機能があるとかないとかいった感じで選んではいる。

今回、ヘルメットを交換しようと思ったのは
別に飽きたとかではなく↑の画像見て分かった人もいるだろうが
要は「賞味期限切れ」なのが理由。
もちろん大ゴケしたとかということもなく使用上不具合はないのだが
ヘルメットに「賞味期限」ってあまり認知されていないみたい。

今のヘルメットは自転車趣味に復帰した時の嫁さんからのプレゼント。
ゆえに大事に使っているので一向に不満などないのだが
昨今の一般的な話だと「自転車のヘルメットは3年位」が賞味期限らしい
普段仕事で触れることの多い4輪用の競技ヘルメットでも4.5年ってところだが
構造からすると自転車の「3年」というのも合点がいく話だったりする。
「何で3年?」ってあたりを技術的に突っ込んだ話は避けるが
いくら帽体にカーボン使ってようがなんだろうが頭を守るための身代わりが
素材的に無事なのがその程度の寿命なのだと理解してもらえればいい。
つべこべ言いたい人は「豆腐の角へ頭ぶつけて」くださいw

ともかく「次はなににするか?」なのだけど…

  • シンプルな線のデザイン
  • あご紐以外の固定方法がある
  • 出来ればバイザーは欲しい(目の周辺を保護するのにいろんな意味で有効)
  • 青系のカラー
  • 後頭部にもう少し帽体がかかるもの

検討条件はこんな感じ。
「シンプルな~」は普段着でも極力使いたいのもあるけど
別にTT走るわけでもなく、レースするわけでもないので実用性重視。
流れるようなとがったデザインは普段使いでは無用の長物だし邪魔。
折りたためる「カスク」って選択肢もあるのだけど
これはさすがに「申し訳程度」ではあるので却下。
「あご紐以外の~」はそれがないとほぼコケタときにヘルメットがどっかに飛んでくし
そうしないためにぎゅーっとあご紐締めたくないから。
バイクのヘルメットちゃんと使う人なら分かると思うけど
あご紐だけの半帽ヘルメットとか派手にこけると無意味だから。
それに転倒時に後頭部、側頭部が無防備なのはリスク高いと思ってる。
頭頂部下にしてコケるやつが世の中にいるのか?って話。
勘違いしちゃいけないのは、自分から地面に向かっていく場合と
何らかの落下物などから身を守る場合で同じ形状のヘルメットなわけないだろ?
って話。
「できればバイザー~」っていうのは、じつはとても万能だと思うから。
日差しから目を守ることにも使えるし、雨で視界を遮られる場合に対応でき
飛んできた衝突物から反射的に身を守る場合にも効果を発揮する。
「セミ」とか「カブトムシ」とか「カナブン」とか「トンボ」とかで
怖い思いしたことありません?カブト刺さりますよ?wマジで!
そのためのアイウェアも大事なんですけど
アイウェアだけに頼るのは間違っていると思います。
それにバイザーが簡単に交換可能なモデルなら、バイザーにちょっと加工して
オプション装備を取り付けると、バイザーを交換するだけでオプション交換ができる
そんな使い方もできます。
実際、今使ってるOGKのリガスはバイザーが簡単に脱着できるのに固定がしっかり
なので、電池式のヘッドランプを固定したバイザーを作っておいて
必要な場合にバイザー交換だけで仕様変更できるようにしてあります。
当然ヘルメット本体には加工していないので安全性も担保できます。
「青系の~」は単なる好みの問題です。黒いヘルメットには大反対。
たしかにかっこいいのは間違いないけど上から下まで全部黒で
あまつさえ乗ってるロードまで真っ黒けの人は夜は走らないでくれ。
走るならどこか人里離れた峠道で谷底に落ちて発見されずに朽ちてくれ。
「自分の安全」だけでなく「他人の安心」ってことも考えないと…本当に。
「後頭部にもう少し~」というのは街中で乗ることで感じた部分なんだけど
ロード向けのヘルメットは乗車姿勢の問題もあって後頭部の保護が中途半端な位置が
どうしても多くなってしまうように思う。
昨今のモデルはだいぶその点を意識したデザインになってきているが
前からの流れのデザインの延長線でとがっていたりする。
あれって転んだ時どうなの?と思う。でっぱりのせいで変な方向に力かからないかな?
そもそもそうしたでっぱりがいろいろ邪魔だなぁと思っている。
後頭部は延髄から首、肩に少しかかる位まで一体で抱えるような形の方が
実際に吹っ飛んだ時に自然に保護できるように思います。(飛んだ経験で…w)

ま、そうしたもろもろの「ワガママ」を踏まえたうえで
今あるものの中から一番理想に近いものはなんじゃいな~?といろいろ漁って
今、一番候補になっているのがこれ。

Urge Bike Products - SeriAll

f:id:taudragonhappy:20170216130036j:plain


MTBとかXC向けの商品みたいですが
国内で取り扱ってるところが少なくて…実物見たいなぁ…
これのブルーのやつ。


え?黒い?
かっこいいからいいじゃん!
谷底から這い上がってくるので勘弁してくださいw
(実際は後頭部の所に十分面積があるので、リフレクターとかアレンジしてみます。)

 

 

猫の目サイコン

以前こんなこと書きました。

 

taudragonhappy.hatenablog.com

 ま、今のところ「POLAR CS500」に不満はありません。
ですが「あったらいいな」と思うものはあります。
そう「バックライト」です。

今回、以前にも話題にした猫目のパドローネシリーズに
「アナログセンサー(スマートタイプ)」で!
「カラーバリエーション4色」で!
「走行時オートバックライト機能」を搭載したサイコン
「CC-PA110W」が登場したのです。

実売¥6k~7k ですよ!
最近特に絶妙なところを突いてくる猫目さん!!

 

あと「ケイデンス」と「ハートレート」付けたら完璧です!
もう少し!!!「ケイデンス」だけでも!!!

やってくれそうな予感がしてしまうので
いつまでたっても「買えない」じゃないですか!!
じらしますね…もぅ(照)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ