読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっても竜な気分♪(自転車逆襲編)

二十歳に作ったチタンロードで四十歳にしてブルべ参戦を目指してみる。

サイコン 再考…

なんてこったい!


パドローネがスマートフォンとつながるサイクロコンピュータとして登場!!|CATEYE

 

サイコンに求めるのは

ケイデンスとスピードが同時に見られる」

「センサーをチェーンステーに置ける」

そもそもこの二つの条件とシンプルさでVDOの

x2dw を使っていた…  が!!!

最近ここに「文字が大きい」を加える必要が出てきた(苦笑)

で、いろいろリサーチの結果

CS500+cad | Polar Japan を中古で購入。

最初のところは条件を満たしていたのだけど…

どうやらスピードセンサーは所定のFフォークが好ましいようなので

そこだけ我慢して現在に至っている。

で!

「文字が大きい」選考対象として最後までCS500と争ったのが

CC-PA100W|CATEYE だったのだけど、唯一のこいつの弱点が

ケイデンス」が出なかった…

いつもケイデンスを気にしながら走っている自分にとっては

これはちょっと無視できなかった。

 

さて、そのケイデンスをとって導入したCS500+だけど

じつは「センサーの位置」だけが不満…なわけでもなく

このセンサーが実質の「使い捨て」だったりする(汗

ま、それ相応の理由付けはあるものの…それにしても高い。

意地でカラ割りしての電池交換という手もあるのだけど

じつはすでにトライして、見事に失敗した。センスねーなー(苦笑)

 高度が表示出来て、温度も表示できる点は素晴らしいのだけど…。

 

パドローネスマートの売りは「スマホとの連携」なんだけど

BlackBerry使いには全く関係のない話(笑)

Cateye製品の信頼度は絶大だし、センサーが一本化できるし…

むむむ… とりあえず発売まで熟考。