とっても竜な気分♪(自転車逆襲編)

二十歳に作ったチタンロードで四十歳にしてブルべ参戦を目指してみる。

さてさて ふむ~♪

題名でピンと来た人は昭和生まれ(笑)

考えるのが楽しいおもちゃを手に入れてしまったので
思わず徹夜でフレーム採寸、図面の修正とかやってしまって
すっかり寝不足です(苦笑)
そのぶん完成度は高くなりました。

f:id:taudragonhappy:20170512021632p:plain
こちらが1993年製「OZ-R011」。
700Cで490㎜(C-T)

 

f:id:taudragonhappy:20170512021642p:plain

こちらが今回お迎えした「OZ-R012S」。
1995年製? 26インチロードって懐かしい感じの響き…

数値については一部推定値なところもあるので参考程度に。
図面残ってるといいんだけどなぁ…。

ちなみに700Cのフレームを製作したときの図面はFaxでもらっただけで
当時浮かれポンチだった私はきちんと図面をもらわなかったのです…大失態。
もちろんフレーム製作した際の資料はまとめていたのですが
「感熱紙」に書かれたフレームの寸法図は長い月日で判読不能になってしまい…
数年前にティグ社様に別件でご相談させていただいた際に探して頂いたのだけど
残念ながらすでに廃棄されてしまったようで…(あたりまえか)
フレームには番号が打刻されているのだけど、これが図面番号でもあるみたい。
ちなみに700Cは「R254」。650Cは「R548」と打刻がある。
打刻位置がそれぞれ「BBハンガー下」と「リアエンド内側」とバラバラなあたりに
ハンドメイドな息吹を感じます。